あたぼうステーショナリーの製品

飾り原稿用紙シリーズ

飾り原稿用紙は累計200万枚に到達しました

飾り原稿用紙は2021年11月、累計200万枚に到達しました。ありがとうございます。

これを記念して、A7サイズのメモ帳を販売します。

A7サイズで250枚の天糊です。飾り原稿用紙の赤青纂のデザインを使い、メモ部分は5ミリ方眼となっております。紙は、飾り原稿用紙と同じ、キンマリスノーホワイトを使っております。

 

ご購入は、あたぼうステーショナリーのECサイトへ。

 

ダウンロード
飾り原稿用紙 200万枚到達のプレスリリース
飾り原稿用紙が累計200万枚に到達したことをお知らせするプレスリリース。
20211109_200万枚.pdf
PDFファイル 352.3 KB

はがき原稿用紙

飾りをあしらった原稿用紙をはがきにしたもの。ヴァンヌーボVという珍しい紙に印刷しています。

ふたふで箋

2016年12月、ふたふで箋を発売しました。

一筆では足りないけど、便箋をがっつり書くほどではないというニーズを満たす商品として開発いたしました。

2017年4月、金鶯錯のふたふで箋を追加いたしました。

2017年8月、碧翡翠のふたふで箋を追加しました。
 

ふたふで箋の誕生秘話もぜひお読みください。

飾り原稿用紙 (A4)

飾り原稿用紙は、「原稿用紙を使うことを楽しくさせる」ことを狙った製品です。

 

左の写真は飾り原稿用紙のひとつ、「波抹茶」です。

この他に、黒雷公、桃雲流、蔓葡萄、港煉瓦、碧翡翠、金鶯錯、鋼導管などがございます。

 

誕生秘話も公開中です。

 

(2016/4/8現在)

飾り原稿用紙 港煉瓦は、

日本茶色普及協会の公認商品

です。


飾り原稿用紙とふたふで箋で採用している「キンマリスノーホワイト」という上質紙は、元来、印刷用紙としての特性が保証されている紙です。このため、万年筆他のインクによる滲みなどの筆記性能については品質の保証外と紙問屋経由で製紙メーカーから通知されました。

 

結果、筆記性能についてはロットによってばらつきが出る可能性がありますが、当社としてはこの点について保証できません。印刷段階で抜き取り検査をいたしますが、すべてのインクでの筆記性能は確保できないのが現状です。

 

弊社として、どうしても納得できない筆記性能まで品質が落ち込んだ場合には、紙の銘柄変更も検討したいと存じますが、それまではロットによる振れ幅を味わいとして捉えていただければ幸いです。

スライド手帳

スライド手帳は、あたぼうステーショナリーの代表的商品です。

そのコンセプトは、「必ず先を見てスケジュールを立てる」ことです。

どうしてそんなことができるのか、ぜひ、スライド手帳の説明サイトをご覧ください。